カプセル剤
http://www.waldeninc.net

サイト名:ウォールデン

札幌
ヒルハーフ総合研究所
カプセルのサイズと内容量

 日本薬局方では、人体用カプセルの大きさを下表のように8種類に分け、 カプセルのサイズと基準内容量を規定しています。

カプセル番号000 00 01
基準内容量(g)10.5 0.40.3
充填量(g)0.82〜1.640.57〜1.14 0.41〜0.820.30〜0.60
ボディの容積(ml)約1.37約0.95 約0.68約0.47
結合時の全長(mm)約26.14約23.3 約21.8約19.4
ボディの外径(mm)約9.55約8.23 約7.33約6.63
カプセル番号2 3 45
基準内容量(g)0.20.12 0.060.03
充填量(g)0.22〜0.440.18〜0.36 0.13〜0.250.05〜0.1
ボディの容積(ml)約0.37約0.27 約0.21約0.13
結合時の全長(mm)約18.0約15.8 約14.5約11.4
ボディの外径(mm)約6.08約5.56 約5.06約4.66

・基準内容量は、日本薬局方で規定する基準の容量です。実際にカプセルに入る量は入れる物質の比重、密度などに依存しますので注意が必要です。

・充填量は、粉末などが実際にカプセルに入る量です。目安としてご活用ください。ちなみに1号カプセルでは、粉末の密度が0.6のときの充填量は約280mg、1.2のときは約560mgです。

・液体を充填する場合は、ボディの容積を参考にしてください。

・ボディの容積、ボディの外径、結合時の全長などの寸法は、メーカーによって微妙に異なる場合もあります。

・同じメーカーでもボディの外径などは、製法上、個々に微妙に異なっています。カプセル充填器のボディを差し込む穴に若干の遊びがあるのはこれに対応するためです。

・結合時の全長は、カプセルに粉末を充填し、カプセルをロックした際の長さを示します。

カプセル剤
サイトマップ
サイトマップ
商品案内
カプセル充填器
ゼラチンカプセル
HPMCカプセル
プルランカプセル
図書
利用ガイド
カプセルQ&A
カプセル充填器
タンパー
買い物ガイド
会社概要
買い物ガイド
特定商取引法の表示

お問合せ
トップページへ

copyrightc. Hiruherf Research Co.Inc. all right reserved.