カプセル剤
http://www.waldeninc.net

サイト名:ウォールデン

札幌
ヒルハーフ総合研究所
牛由来ゼラチンとBSE対策

 最近、テレビや新聞などでBSE(牛海綿状脳症)に関する報道をご覧になり、牛の皮や骨を原料とするゼラチンの安全性に、 不安を抱いている方も多いことと思います。

 ゼラチンはBSEがフリーの安全な原材料から製造されています。

 また、ゼラチンの製造工程にはBSEの感染性を不活化する能力があって、安全性をさらに確実にしています。

 国連や各国の研究機関の実験や研究の結果、ウシ由来のゼラチンは安全であることが実証されています。

 国際獣疫事務局(OIE)や各国の試験研究機関が行ったBSEの感染実験から頭骨、脳、脊柱、背根神経節、脊髄、眼、腸、 扁桃、リンパ節、脾臓、松果体、硬膜、胎盤、脳脊髄液、下垂体、胸腺、副腎、三叉神経節から 感染性が認められ、これらは特定危険部位に指定されています。

 しかし、その他の皮や骨などの部位からの感染性は認められておりません。

 ゼラチンの原料は、安全性の認められている皮や骨だけを原料にしています。

 これに加えて、ゼラチンの様々な製造工程にはBSEの感染性をなくす工程が含ま れていることが実証されており、BSEに対する安全性をさらに高めています。

 ゼラチンは、皮や骨を強い酸やアルカリで前処理し、原料中のコラーゲンを温水で加熱変性 した後、抽出したもので、さらにろ過、イオン交換、高温殺菌などの過程をへて製品化されます。

 欧州ゼラチン工業組合がイギリス、オランダ、アメリカの研究機関に 個別に委託した10年間にわたる模擬実験など様々な研究の結果、上記のようなゼラチンの製造工程は、 人為的に添加した高濃度の感染物質をも完全に除去(不活化)することが証明され、万一、感染物質が混入したと しても、最終製品には感染性は残らないことが実証されています。

 世界保健機関(WHO)の専門家委員会も、ゼラチンの原料となる皮や骨にはBSEの感染性はなく、 ゼラチンの製造工程にはBSEの感染性をなくす工程(不活化工程)が存在するため、ゼラチンは 安全であると報告しています。

 ちなみに、日本薬局方カプセルの大部分は、牛由来のゼラチンを使用しています。


 さらに詳しく知りたい方は次のページをご参照ください。

●「ゼラチンのBSE安全性に関する研究報告会」日本ゼラチン工業組合
●厚生労働省「牛海綿状脳症(BSE)等に関するQ&A

カプセル剤
サイトマップ
サイトマップ
商品案内
カプセル充填器
ゼラチンカプセル
HPMCカプセル
プルランカプセル
図書
利用ガイド
カプセルQ&A
カプセル充填器
タンパー
買い物ガイド
会社概要
買い物ガイド
特定商取引法の表示

お問合せ
トップページへ

copyrightc. Hiruherf Research Co.Inc. all right reserved.