カプセル剤
http://www.waldeninc.net

サイト名:ウォールデン

札幌
ヒルハーフ総合研究所
ハードカプセルの製造法

 ゼラチンなどを原料としたカプセルは、次のようなプロセスで製造されます。

ゼラチンなど+着色料+乳化剤、添加物+純水⇒計量⇒溶解⇒調整⇒成型⇒乾燥⇒定寸切断・仮結合⇒外観検査⇒印刷⇒外観検査⇒出荷試験⇒計数⇒包装⇒出荷

 規格試験に合格したカプセル原料(ゼラチンなど)を計量し、ブレンドして溶解タンクに仕込みます。

 温めた純水を加えて原料をゼリー状に溶かし、攪拌して所定の粘度に調製します。 必要に応じて乳化剤(ラウリル硫酸ナトリウムなど)、添加物や色素(酸化チタンなど)を加えます。

 ゼリーをカプセル製造機に供給し、成型ピンをゼリー槽に浸したのち、温度や湿度、風量を一定に保った乾燥室に入れて乾燥します。

 乾燥したカプセルは、ピンから抜き取り、定められた寸法に切断し、仮結合します。 仮結合したカプセルを自動検査機で全数外観検査します。

 次に、必要に応じてカプセル表面に印刷を施し、さらに外観検査を行います。

 定められた方法によりサンプリングした検体を検査し、ロットごとに品質を保証します。

 計数を行い、出荷容器に入れてラベルを貼り梱包します。

 温湿度をコントロールした製品倉庫で保管し、ユーザーへ出荷します。

カプセル剤
サイトマップ
サイトマップ
商品案内
カプセル充填器
ゼラチンカプセル
HPMCカプセル
プルランカプセル
図書
利用ガイド
カプセルQ&A
カプセル充填機
タンパー
買い物ガイド
会社概要
買い物ガイド
特定商取引法の表示

お問合せ
トップページへ

copyrightc. Hiruherf Research Co.Inc. all right reserved.